ABOUT

スクールの様子

レッスンの流れ

  • STEP
    01

    Warming upウォーミングアップ


    ウォーキングをしながら痛みや疲れ具合などその日の状態を確認しトレーナーと共有します。ゆっくりジョグに切り替えて、徐々にカラダにスイッチを入れていきます。動的ストレッチや筋トレでカラダを温め、可動域をしっかりと広げて、ケガの予防とトレーニングの質を高めます。

  • STEP
    02

    Drillドリル


    ラダーやマーカーコーンを使って走り方の基礎である「姿勢」「足の着く位置」「上半身と下半身の連動」の定着を図ります。なわとびやケンケンパリングを使って走るために必要なバネを身に付けます。

  • STEP
    03

    Wind sprintウィンドスプリント


    全力疾走の70%~80%のスピードで50m~150m程の距離を数本走ります。メイン練習に移行する前に筋肉にしっかりと刺激を入れます。フォームチェックも同時に行い、崩れている場合には矯正も行います。

  • STEP
    04

    Main trainingメイントレーニング


    短距離の場合は、スタブロを使ったスタート練習や100m、200mの専門種目の走り込みを行います。長距離の場合は、インターバル走、レペティション、ビルドアップ走、ペース走、セット走などのランニングトレーニングを行います。ペースやセット数は走力に合わせてトレーナーが調整します。

  • STEP
    05

    Cool downクールダウン


    ゆっくりジョグで心拍数を整えます。静的ストレッチでしっかりと筋肉を伸ばして疲労が残らないようにケアします。

もっと詳しく

    ウォーミングアップ

    ウォーキングをしながら痛みや疲れ具合などその日の状態を確認しトレーナーと共有します。ゆっくりジョグに切り替えて、徐々にカラダにスイッチを入れていきます。動的ストレッチや筋トレでカラダを温め、可動域をしっかりと広げて、ケガの予防とトレーニングの質を高めます。

    ドリル

    ラダーやマーカーコーンを使って走り方の基礎である「姿勢」「足の着く位置」「上半身と下半身の連動」の定着を図ります。なわとびやケンケンパリングを使って走るために必要なバネを身に付けます。

    ウィンドスプリント

    全力疾走の70%~80%のスピードで50m~150m程の距離を数本走ります。メイン練習に移行する前に筋肉にしっかりと刺激を入れます。フォームチェックも同時に行い、崩れている場合には矯正も行います。

    メイントレーニング

    短距離の場合は、スタブロを使ったスタート練習や100m、200mの専門種目の走り込みを行います。長距離の場合は、インターバル走、レペティション、ビルドアップ走、ペース走、セット走などのランニングトレーニングを行います。ペースやセット数は走力に合わせてトレーナーが調整します。

    クールダウン

    ゆっくりジョグで心拍数を整えます。静的ストレッチでしっかりと筋肉を伸ばして疲労が残らないようにケアします。

PAGE TOP